チンタオ・ドイツ租借地時代の総督副官邸(中国青島の旅・46)

  ◆ドイツ総督副官邸、現・康有為故居 〔Dienstwohnug des Gouverneurs〕
    ◎設計:ドイツ人建築家?
    ◎竣工:1900年・・・・現在の建物はレプリカ復元
c0127640_21241481.jpg
青島・小魚山には数多くの歴史的建造物が現存していますが、おそらくこの邸宅が唯一公開されているものと思います。
現在は中国の康有為(1858~1927)の記念館として公開されていますが、20世紀初頭のドイツ租借時代は総督副官邸として使われていました。ベランダに覆いかぶさるように付けられた曲線気味の屋根、ベランダ中央の玄関など、とてもユニークです。
現在ご覧いただいている建物は数年前、竣工当時の姿を忠実に再現したレプリカですが、好感の持てる出来栄えだと思いました。
あと、私が滞在していたホテルから近いこともあり、青島の建築に関する絵葉書や書籍等をここで沢山買いましたが、そのお礼でお茶をご馳走になってしまいました。相変わらずの片言&筆談でありましたが、こういう交流が旅の楽しみなんですよね・・・・。近くの幼稚園から子供たちの歌声が聞こえたり、穏やかな昼下がりのチンタオ・小魚山でありました。

c0127640_2125746.jpg
c0127640_21253148.jpg
c0127640_2126099.jpg

[PR]
by yotaro-hako-emura | 2007-10-06 21:49 | 中華人民共和国・青島

『関根要太郎研究室@はこだて』の番外編ページ。現在は中国・青島の歴史的建造物や町並みの紹介をおこなっております。


by yotaro-hako-emura
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31