チンタオ・大学路の洋館群と中国紅卍会旧址(中国青島の旅・56)

 ◆チンタオ・大学路の可愛らしい洋館群
c0127640_2244546.jpg
前回紹介した旧日本人中学校の建物より3分程度歩くと、青島の旧市街を南北に貫く〔大学路〕に突き当たります。
通りの名前は、旧日本人中学校が現在は青島海洋大学として使われている事から名付けられたようです。
そしてこの大学路には、ご覧いただいているような可愛らしい洋館が数軒並んで建っていました。
また例の如く、青島建築の伝統芸である20世紀初頭のドイツ・モダン様式を継承したスタイルですが、ヨーロッパ郊外の町に行った気分になってしまった私です(ちなみに欧州へは一度も訪れた事がないので、自分の勝手な妄想ですが・・・・)。
またその洋館の中の一軒は、カフェバーの看板が付いていたので、地元の若い人達に受けているのでしょうか?。

c0127640_22473552.jpg


============================================================================================
 ◆中国紅卍会旧址
   ◎設計:中国人建築家?
   ◎竣工:1916年

c0127640_2246190.jpg
そして、先程の可愛らしい洋館の向かいには摩訶不思議な建物が・・・・・。
この建物は1916年、中国紅卍会の道場として建設されたものといいます。
私も不勉強のため紅卍会の詳細は知りませんが、当時の世界各国の宗教をごちゃ混ぜにした団体だったそう。
西洋の古典主義の建築スタイルを踏襲しながらも、それともまた違う不思議な建物でした。
現在は市立博物館として使われているそうですが、入り口が分からなかったたため、道路際から撮影したのがこの一枚です。

c0127640_22511752.jpg
そしてこちらは大学路から脇道に入ったところで撮影したものです。次回は青島の旧市街地のメインストリート〔中山路〕に残る、日本人が建てたオフィスビルディングを紹介したいと思います。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-11-18 23:23 | 中華人民共和国・青島