チンタオ・ドイツ風外観の銀行店舗、日本憲兵隊総部(中国青島の旅・66)

 ◆旧東菜銀行青島支店(日本占領時期は憲兵隊総部として使用される)
  ◎設計:不詳
  ◎竣工:1923年
c0127640_22585556.jpg
 今回紹介するのはチンタオ旧市街地のメインストリートの一本隣の河南路にある建物。1920年代に中国資本の銀行の支店として建てられたものだそうです。
 これまで数回に渡り、ドイツがチンタオより撤退した1910年代半ばから30年代にかけて建てられたかっての日本・イギリス・中国企業のオフィスを紹介しましたが、こちらの建物は少し雰囲気が違ったものになっています。何が違うかというと、その外観。ドイツ租借地時代にチンタオに建てられたドイツ風の流れを継承したようなデザインになっているのです。
 何を勘違いしたか建物の全景を撮っていなかったので建物のデザインについて説明しづらいですが、屋根の形や正面玄関の波打った破風のデザイン、ベランダが付いた〔コロニアルスタイル〕の作りなどが、ドイツ租借地時代に造られた建物の流れを組んでいると思います。
 また日本占領時は憲兵隊の総本部、国民党政権の時代は白色テロの拠点として使われるなど、数奇な運命をたどった建物のようです。
c0127640_2301098.jpg

後方に見えるのは百盛(パークソン)デパートが入る高層ビル。前方の旧東菜銀行は外観・内装とも新しい感じでしたので、旧建物を一端解体して以前の建物を忠実に再現するレプリカ保存の方法がとられていると思います。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2008-01-01 23:37 | 中華人民共和国・青島