チンタオの裏通りを歩く・その3(中国青島の旅・70)

c0127640_0531915.jpg
◆チンタオの生活感溢れる町並み

 今回紹介する写真は、チンタオ旧市街地のランドマーク的存在である天主教会のすぐそばで見かけた町並みです。
 この地域は中国人の手により開発された一帯で、煉瓦造りの長屋のような建物が連なっています。またこのような地域の事を中国では『里』などと表現するようです。近くの高層ビルから撮影した写真を見たところ、このような建物が道路に面して軒を連ねており、その間に中庭のようなスペースが取られていました。典型的な中国都市部の古い住宅のようです。
 その中で面白いと思ったのが冒頭の写真でご覧頂いた建物の装飾。よく見てみると、窓周りなどは西欧の影響を伺えるデザインですが、破風のデザインはナスカの地上絵のような不思議な図柄になっています。現地の左官職人が見よう見真似で作ったのでしょうか・・・・・?。

c0127640_054940.jpg
 こちらは中国風の黒煉瓦の建物。

c0127640_0545710.jpg
 また、この一帯ではご覧のような路上市が開かれ、活気にある雰囲気でした。
 しかし数時間後この場所へ再び訪れてみると、この場所は人気がない静かな通りに・・・・・。チンタオではこのような路上市を多く見かけましたが、日本の朝市のような時間限定のものが多いようです。ここから少し歩くとドイツ風ゴシック様式の天主教会があったり、チンタオは意外性のある町でした。
[PR]
by yotaro-hako-emura | 2008-02-03 01:20 | 中華人民共和国・青島

『関根要太郎研究室@はこだて』の番外編ページ。現在は中国・青島の歴史的建造物や町並みの紹介をおこなっております。


by yotaro-hako-emura
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31