チンタオの桟橋ホテル(中国青島の旅・33)

   ◆青島の桟橋ホテル〔桟橋賓館〕
     ◎設計:ドイツ人建築家?
     ◎竣工:1911年~12年
c0127640_22324453.jpg
こちらも先程のドイツ時代の銀行とから太平路を5分ほど歩き、青島の観光名所〔桟橋〕のすぐそばにあるドイツ時代はホテルとして使われていた建物です。
文字通りの〔桟橋ホテル〕な訳ですが、恐らく第一次世界大戦のドイツ降伏以来、家主や建物の使用用途は変わっていったと思われますが、現在はホテルとして使われています。
全体的に綺麗に修繕されていますが、建物正面の破風のデザインと古典的なオーダーが付いた玄関に遠い時代を偲ぶことができます・・・・。

c0127640_22331612.jpg

                               128元だから日本円にして2千円弱ですか・・・・。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-09-12 22:45 | 中華人民共和国・青島

チンタオ・ドイツ租借地時代の銀行建築(中国青島の旅・32)

  ◆旧徳華銀行〔Deutch‐Asiatische Bank〕
    ◎設計:ヒルデブラント、ヴァイラー
    ◎竣工:1901年
c0127640_2294895.jpg
今回から再びチンタオの旧市街地に残る歴史的建造物を紹介したいと思います。
この建物は、青島の太平路という海岸線・バンドに残るドイツ租借地時代の銀行建築です。
日本が青島を統治していた頃は、日本領事館としても使われていたといいます。
今はガラスがはめ込まれていますが、竣工当時は2階はベランダになっていたといいます。いわゆる〔コロニアルスタイル〕ですね。
また、細部の装飾も保たれていてますが、少し朽ちかけた建物に1世紀という長い時間を感じてしまった私であります。
c0127640_221117.jpg
c0127640_22112887.jpg

                            こちらは〔青島の旅・5〕で紹介したドイツ時代の商館です。先程の建物から数軒隣にあります。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-09-12 22:20 | 中華人民共和国・青島