チンタオ・ドイツ租借地時代の海兵クラブ(中国青島の旅・39)

 ◆旧水師飯店
   ◎設計:ドイツ人建築家
   ◎竣工:1902年
c0127640_1935462.jpg
この建物は青島旧市街地のメインストリート〔中山路〕から〔湖北路〕に入ってすぐの場所にあります。
ドイツが青島を租借して間もなくの頃に建てられたもので、若い水兵などの保養の場として使われていたそうです。
建物外観にはドイツ風のハーフティンバーが施され、いかにもドイツ風な感じです。あと、青島の建物でベランダが現存している珍しい建物でした。時代の経過とともにガラスや壁がつけられ、部屋として使われていたと思わしき建物は何軒か見かけましたが、この建物はなかなか貴重だと思います。
また後に見えるのは、パークソン(百盛)デパートの入っている高層ビル。20世紀初頭と現代の競演?の写真であります。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-09-30 19:47 | 中華人民共和国・青島

チンタオ・広西路のドイツ風洋館(中国青島の旅・38)

◆チンタオ・広西路の洋館群
 ◎設計:ドイツ人建築家?
 ◎竣工:1900~10年ころ
c0127640_18523226.jpg
青島には1900年ころから約十数年続いたドイツ租借地時代の建物をはじめ、そののち日本人や中国人によって建てられた築70年以上の歴史的建造物が多く現存し、そこには現地の人達が普段通りの生活を送っています。
今回紹介させていただく建物は〔公西路〕に建つ当時の建物です。視線を少し上に向けると、ご覧のようなドイツ風の建物がありました。破風の波打ったデザインが素敵な建物です。
景色にしろ、町並みにしろ、建物にしろ、いくら写真を撮ってもきりがない青島の町でした。

c0127640_1856626.jpg

c0127640_1857036.jpg

[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-09-30 19:09 | 中華人民共和国・青島

チンタオ・広西路のドイツ風洋館(中国青島の旅・37)

 ◆旧侯爵飯店
   ◎設計:ドイツ人建築家
   ◎竣工:1906年
c0127640_1917146.jpg
この建物は〔青島の旅・7〕〔青島の旅・35〕で紹介した建物の隣に建っています。
私が現地で買った青島の歴史的建造物を紹介した書籍には、建物中央のドームが付いていなかったので、恐らく竣工当時の写真を参考にして復元されたものだと思います。
この紹介にあたり青島の写真を探していたのですが、昨年4月・11月に撮影した写真とも同じアングルでした。申し訳ありません・・・・。
今度、青島へ行った時には違うアングルからの撮影を試みたいと思います。
c0127640_19203727.jpg

[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-09-30 19:06 | 中華人民共和国・青島

チンタオ中山路の『中山快餐庁』(中国青島の旅・36)

 ◆中山快餐庁〔ドイツ租借地時代はホテル〕
   ◎設計:ドイツ人建築家
   ◎竣工:1908年ころ
c0127640_22301881.jpg
青島旧市街地のメインストリート・中山路にある、いかにも古典的なドイツ租借地時代の建物で、現在はレストランと旅館として使われています。
また某ガイドブックに『ここの牛骨麺は地元でも評判』と書かれており、私もドイツ時代の建物内で食事もいいかなと思い店に入ってみましたが、旅館のほうに案内されてしまい結局この店を引き上げてしまいました。
その後、この近くの食堂で牛骨麺を食べました。店員さんも筆談で親切に説明を書いてくれて、色々とおいしいものを食べることができました。
あと余談ですが、中国の普通の店で買い物や食事をする時は、10元札や20元札くらいの紙幣で支払いした方がスムーズに買い物ができます。財布はかさばりますが、毛沢東の赤いお札を早めにくずした方が、中国の街歩きは楽だと思います。


c0127640_22342167.jpg
c0127640_22344862.jpg

[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-09-20 22:55 | 中華人民共和国・青島

チンタオ・ドイツ租借地時代の商館(中国青島の旅・35)

  ◆青島・広西路のドイツ時代の商館
   ◎設計:ドイツ人建築家?
   ◎竣工:1900年頃?
c0127640_2333929.jpg
この建物は青島旧市街地のメインストリートの一つ〔広西路〕にあった洋館です。
何とも素敵な佇まいで、写真をかなりの数撮ってしまいました。この後、購入した絵葉書を見た所、ドイツ時代は白亜の洋館だったようです。
現在の建物は、歩道に植えられているヒマラヤ杉とマッチしていますね?。あと、下の写真の洗濯物を干している光景も味があります。

c0127640_234256.jpg
c0127640_2345543.jpg
c0127640_23634.jpg

[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-09-19 23:11 | 中華人民共和国・青島

チンタオ・ドイツ租借地時代の郵便局〔中国青島の旅・34〕

  ◆ドイツ租借地時代の郵便局
    ◎設計:ドイツ人建築家  
    ◎竣工:1901年5月
c0127640_22382540.jpg
青島は19世紀末からドイツ人が開発した旧市街地と、現在開発が進行している新市街地と区域分けがはっきりしている町です。
なので、旧市街地には築百年ちかく経った建物が、何の違和感もなく残っています。
この建物はドイツ時代は郵便局として使われていた建物だそうですが、すっかり青島の風景の一部になっているように思えました。
日本にもこんな感じで歴史的建造物が残ればいいのにな・・・・。

c0127640_22435241.jpg

[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-09-18 22:47 | 中華人民共和国・青島

チンタオの桟橋ホテル(中国青島の旅・33)

   ◆青島の桟橋ホテル〔桟橋賓館〕
     ◎設計:ドイツ人建築家?
     ◎竣工:1911年~12年
c0127640_22324453.jpg
こちらも先程のドイツ時代の銀行とから太平路を5分ほど歩き、青島の観光名所〔桟橋〕のすぐそばにあるドイツ時代はホテルとして使われていた建物です。
文字通りの〔桟橋ホテル〕な訳ですが、恐らく第一次世界大戦のドイツ降伏以来、家主や建物の使用用途は変わっていったと思われますが、現在はホテルとして使われています。
全体的に綺麗に修繕されていますが、建物正面の破風のデザインと古典的なオーダーが付いた玄関に遠い時代を偲ぶことができます・・・・。

c0127640_22331612.jpg

                               128元だから日本円にして2千円弱ですか・・・・。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-09-12 22:45 | 中華人民共和国・青島

チンタオ・ドイツ租借地時代の銀行建築(中国青島の旅・32)

  ◆旧徳華銀行〔Deutch‐Asiatische Bank〕
    ◎設計:ヒルデブラント、ヴァイラー
    ◎竣工:1901年
c0127640_2294895.jpg
今回から再びチンタオの旧市街地に残る歴史的建造物を紹介したいと思います。
この建物は、青島の太平路という海岸線・バンドに残るドイツ租借地時代の銀行建築です。
日本が青島を統治していた頃は、日本領事館としても使われていたといいます。
今はガラスがはめ込まれていますが、竣工当時は2階はベランダになっていたといいます。いわゆる〔コロニアルスタイル〕ですね。
また、細部の装飾も保たれていてますが、少し朽ちかけた建物に1世紀という長い時間を感じてしまった私であります。
c0127640_221117.jpg
c0127640_22112887.jpg

                            こちらは〔青島の旅・5〕で紹介したドイツ時代の商館です。先程の建物から数軒隣にあります。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-09-12 22:20 | 中華人民共和国・青島

チンタオビール工場と青島桟橋・小青島(中国青島の旅・31)

   ◆青島ビール工場〔現青島ビール博物館〕
     ◎設計:ドイツ人建築家
     ◎竣工:1904年
c0127640_22151645.jpg
チンタオビールといえば間違いなく青島の代表的な名産品です。
もとはドイツ租借地時代、駐屯するドイツ兵相手に製造・販売を始めたそうです。
そして1906年にはドイツ本国のビールコンテストにおいて、金賞を受賞する程のクオリティーを誇っていたといいます。
また第一次世界大戦後、このビール工場は日本人の手に渡り、日本の敗戦後は中国人により製造が引き継がれ現在に至ります。
現在の青島ビールはどちらかというと薄口、ドイツ時代や日本時代はどんな味だったのでしょうか・・・・?。


================================================================================
★チンタオの小青島
青島ビールの博物館でビールをたらふく飲んでしまい、すっかり出来上がってしまった私です。
いい気分になってしまい、写真を撮るのを忘れてしまいました。そういう事で、青島ビールの新旧ラベルのモチーフとなった名所を紹介させていただきます。
こちらは旧ラベルの小青島です。この島へのルートが分からず、まだ行っていないので、また青島へ行ったときにでも、この島へ訪れてみたいと思っております。
c0127640_22365216.jpg

c0127640_22375457.jpg

===============================================================================
★青島の桟橋
そして、こちらが現在の青島ビールのラベルに描かれている桟橋です。とても賑っておりました。
c0127640_2241831.jpg
c0127640_22413660.jpg

[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-09-07 22:42 | 中華人民共和国・青島

チンタオ八大関景区・花石楼(中国青島の旅・30)その壱

  ◆花石楼(旧総督楼)
   ◎設計:不詳
   ◎竣工:1906年(もしくは1930年?)
c0127640_22591158.jpg
〔花石楼〕といえば、八大関景区いちばんの名所なので実際に訪れた方も多いかも知れません。
中世の城郭のようなゴツゴツした外観で、この周辺からでもよく目立ちます。
もとはロシア人が建てたそうで(あの某ガイドブックなので、あてになりませんが・・・・)、かの国民党の総統・蒋介石も一時期住んでいたといいます。
また、建物内は四層になっており、狭い螺旋階段をグルグル廻りながら、いちばん上の塔まで登る訳です。
残念ながら、花石楼を訪れた昨年の春と秋とも天気は曇りで、愚図ついた海しか見れませんでした・・・・。もう一度、快晴の日にここから青島の海を眺めてみたいものです。

c0127640_22595247.jpg

c0127640_2337950.jpg

                                建物内の螺旋階段も不思議な感じでした。
c0127640_2337409.jpg

                                
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-09-06 23:59 | 中華人民共和国・青島