チンタオ・教会の坂下にあるドイツ時代のホテル(中国青島の旅・81)

◆ドイツ租借地時代のホテル
  ◎設計:ドイツ人建築家?
  ◎竣工:1904年
c0127640_21575354.jpg
 今回紹介するの青島の旧市街地のランドマーク的存在である天主教会の坂下に建つ、ドイツ租借地からある、築100年の建物です。
 このブログでもたびたび紹介してきましたが、現在チンタオは今年夏におこなわれる北京オリンピック(チンタオはヨット競技の会場になっている)に向けて市内は再開発の真っ最中。私が訪れた時も下の写真でご覧のように、かなりの場所で新築工事がおこなわれていました。

 それらの建物はドイツ租借地時代を意識したのでしょうか、表面的にはレトロ風の外観に仕上がったものが多いなか、このドイツ時代からある築100年のかってのホテルは、それらのレトロ風の建物とは違う風格を漂わせていました。
 このような建物がそのまま残されてこそ、街の歴史や風格は受け継がれていくのかとな・・・・?と、この写真を見ながらふと考えてしまったものです。

c0127640_21455741.jpg
c0127640_214732.jpg

[PR]

# by yotaro-hako-emura | 2008-07-06 22:05 | 中華人民共和国・青島

チンタオ・教会の見える坂道より(中国青島の旅・80)

c0127640_23172748.jpg
◆青島・基督教会が見える坂道より
 今回は青島の建築探訪記の最初に紹介した青島基督教堂を改めて紹介したいと思います。
 1910年に建てられたドイツ・ユーゲントシュティル風の鐘楼はいつ見ても美しいものです。坂の町・青島だからこそ、この鐘楼はそれ以上に映えるのでしょうか。季節はずれですが、枯葉散る晩秋の基督教会でした。

c0127640_23152391.jpg

c0127640_23264736.jpg

[PR]

# by yotaro-hako-emura | 2008-05-27 06:02 | 中華人民共和国・青島

チンタオ・教会の見える坂道より(中国青島の旅・79)

c0127640_555090.jpg
★青島の天主教会

 そして青島の顔ともいうべきもう一つの教会が、1933年に建てられた天主教会です。こちらの教会は青島の旧市街地のちょうど中心にあたる場所にあるので、とにかくよく目立ちます。
 戦争、文化大革命など青島の激動の時代を生き抜いてきた教会は、この街の歴史を見続けてきたのでしょうか?。ゴシック様式の教会の鐘楼は間違いなく青島を代表する美しい風景だと言えるでしょう。

c0127640_5562627.jpg

c0127640_5574487.jpg
教会前も石畳の坂道。
[PR]

# by yotaro-hako-emura | 2008-05-26 23:59 | 中華人民共和国・青島