チンタオの裏通りを歩く・その4(中国青島の旅・71)

c0127640_095682.jpg
◆チンタオ中山路近くで見つけた美しい装飾の建物

 前回、チンタオの生活感溢れる裏通りの風景を紹介しましたが、こちらはチンタオ旧市街地のメインストリートである中山路から少し脇に入ったところにあった建物です。
 下の写真をご覧頂くとご覧のように1階は飲食店などが入っていますが、2階の木造部分に目をよく観察してみると、上の写真のような美しい装飾が施されていたわけです。チンタオがドイツ租借されていた20世紀初頭に建てられたものなのか、それ以降の日本統治時代のものか地元中国の人達が建てたかは分かりませんが、素朴ながらも美のこだわりのようなものが感じられちょっぴり感動してしまいました。どこの町を歩いても、こういう素朴ながら美しいものを発見すると嬉しくなってしまいます。

c0127640_0111334.jpg

******************************************************************************
c0127640_0233552.jpg
◆チンタオ駅周辺にて

 そしてこちらはチンタオ駅の裏手にあった煉瓦造りの建物。恐らくチンタオ駅の施設だと思いますが、なんとなく哀愁を誘う風景です。

c0127640_0241216.jpg
◆チンタオ駅周辺にて

 続いてご覧頂いているのが、チンタオ駅より警察署へ向かう道にあった建物。
 現在、チンタオ駅は今年夏のオリンピックへ向けて大改修工事中で駅周辺も再開発がおこなわれているようなので、この建物は取り壊されてしまったようです。かっては旅館として使われていたというので、様々な人達の思い出が詰まっていることでしょう・・・・。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2008-02-25 00:36 | 中華人民共和国・青島

チンタオの裏通りを歩く・その3(中国青島の旅・70)

c0127640_0531915.jpg
◆チンタオの生活感溢れる町並み

 今回紹介する写真は、チンタオ旧市街地のランドマーク的存在である天主教会のすぐそばで見かけた町並みです。
 この地域は中国人の手により開発された一帯で、煉瓦造りの長屋のような建物が連なっています。またこのような地域の事を中国では『里』などと表現するようです。近くの高層ビルから撮影した写真を見たところ、このような建物が道路に面して軒を連ねており、その間に中庭のようなスペースが取られていました。典型的な中国都市部の古い住宅のようです。
 その中で面白いと思ったのが冒頭の写真でご覧頂いた建物の装飾。よく見てみると、窓周りなどは西欧の影響を伺えるデザインですが、破風のデザインはナスカの地上絵のような不思議な図柄になっています。現地の左官職人が見よう見真似で作ったのでしょうか・・・・・?。

c0127640_054940.jpg
 こちらは中国風の黒煉瓦の建物。

c0127640_0545710.jpg
 また、この一帯ではご覧のような路上市が開かれ、活気にある雰囲気でした。
 しかし数時間後この場所へ再び訪れてみると、この場所は人気がない静かな通りに・・・・・。チンタオではこのような路上市を多く見かけましたが、日本の朝市のような時間限定のものが多いようです。ここから少し歩くとドイツ風ゴシック様式の天主教会があったり、チンタオは意外性のある町でした。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2008-02-03 01:20 | 中華人民共和国・青島

チンタオの裏通りを歩く・その2(中国青島の旅・69)

c0127640_22401612.jpg
◆チンタオの裏通りの風景

 前回は旧市街地北部の住宅地を紹介しましたが、こちらは旧市街地にある繁華街の写真。
 と言っても中山路のなどのメインストリートではなく、旧市街地のランドマーク的な建物である天主教会の北側にあるものです。
 実を言いますと気の向くまま歩いていて、偶然にここの繁華街に辿り着きました。この写真を撮影した時はちょうど日曜日だったので道路には露店も出ており、けっこうな賑わいでした。旅でこのような偶然の出会いや発見は嬉しいものですよね・・・・・?。

c0127640_22413793.jpg
c0127640_2242426.jpg
近くの食料品店からは粥やケバフ(焼き串)の美味しそうな匂いが・・・・。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2008-02-02 22:57 | 中華人民共和国・青島