青島迎賓館・旧総督官邸(中国青島の旅・22、その壱)

    ◆総督官邸(現・青島迎賓館)
      ◎設計:シュトラッサー〔Strasser〕、マールケ〔Mahike〕、ラツァロヴィッツ〔L Lazarowicz〕
      ◎竣工:1907年
c0127640_12555036.jpg
 1907年に竣工したというドイツ総督府の官邸。
 私の泊まったホテルの展望レストランからもよく見えましたが、実際に行ってみると写真や遠目で見るよりもはるかに大きく、そして貫禄のある建物でした。
ドイツ租借地時代の総督官邸として使われていた建物は、山の中腹に位置し、周辺に広大な庭があり、門から入って建物まで辿りつくまで相当な時間がかかるという、凄い屋敷です。
そして建物のデザインもこれまた凄い。石張りに様々な装飾、そして中華風ともとれるエッセンスまでが加わって、独特な雰囲気を醸し出していました。
 壁の波模様のデザインは〔青島の旅・1〕で紹介した基督教堂と似ているのですが、そちらの軽やかなデザインとは違い本当に重厚です。

 少し余談になりますが、大正8年に当時帝国大学(東京大学)の建築学科の学生だった、堀口捨巳、山田守、滝沢真弓がここ青島へ訪れ、青島の建築探訪をおこなっています。
 特に滝沢にとって、この青島のドイツ建築との出会いは衝撃的だったようで、卒業設計には青島の総督府官邸などをモチーフとした『山岳倶楽部』なる図案を発表するほどでした。
 そして彼らは大正9年に『分離派建築会』に結成。大正期から昭和初期の日本建築界に新風を吹き込むのです。
 これ以前にドイツのモダンスタイル(ユーゲントシュティル、もしくはジャーマン・セセッション)を作風に用いた建築家は、デ・ラランデ、ヤン・レツル、関根要太郎など多くいましたが、町ごとこのスタイルの建物で彩られていた、青島は若き建築家の卵にとって衝撃的な場所だったに違いありません。

c0127640_12565558.jpg


c0127640_10145346.jpg
                                        どこを見ても、とにかくゴツイ・・・・。
 
c0127640_10154298.jpg

                              小魚山より青島迎賓館を望む。基督教堂、天主教会、総督府、そしてこの官邸は、旧市街を歩くと遠くからでも一発で分かる・・・・。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-08-25 11:52 | 中華人民共和国・青島

青島迎賓館・旧総督官邸(中国青島の旅・22、その弐)

    ◆青島迎賓館(旧ドイツ総督官邸)
      ◎設計:シュトラッサー、マールケ、ラツァロヴィッツ
      ◎竣工:1907年
c0127640_1121863.jpg
外観はゴツゴツした青島迎賓館でしたが、中は木材が多用された落ち着きのある空間でした。
また屋敷内にはこのような美しいステンドグラスも現存しています。
入館料5元があまりにも安すぎる素敵な屋敷です。

c0127640_1124190.jpg

                                    顔がどことなく東洋的ですね・・・・。
 
c0127640_1132718.jpg

                                  こちらはかって温室として使われていたそう。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-08-25 11:11 | 中華人民共和国・青島

青島旧アメリカ領事館(中国・青島の旅19)

     ◆旧アメリカ領事館
      ◎設計:シュナイダー〔Schneider〕・・・・ドイツ人建築家
      ◎竣工:1911年

c0127640_22114115.jpg
破風が波打つこの邸宅のデザイン、ドイツで流行したユーゲントシュティルの影響が強く、これもドイツ人の邸宅だと思っていました。
しかし、帰国後に青島の建築を調査した書籍を見てビックリ。この建物はアメリカの領事館だったそう。
但しドイツ人建築家の設計だそうで、青島モダンな作りになっています。

c0127640_2219235.jpg
青島基督教堂より撮影。
ご覧のように旧総督府より基督教堂まで〔青島の旅・15~19〕で紹介した素敵な邸宅が並んでいます。
往復しても10分程度ですので、ちょっとした建築探訪になると思います・・・・。

c0127640_22575673.jpg
 
                                       ※2006年11月撮影
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-08-23 22:25 | 中華人民共和国・青島

チンタオ・ドイツ風モダニズム邸宅(中国青島の旅・17)

    ◆青島市・市政公用局〔旧 Stick Forth 邸〕
     ◎設計:ドイツ人建築家?
     ◎竣工:1910年以前?
c0127640_2033197.jpg
そして前回の〔青島の旅・16〕で紹介した邸宅の隣に建つのが、この邸宅です。
最初この邸宅を見つけた時、モダンで洒落た姿に思わず声を上げそうになりました・・・・。
この邸宅は、20世紀初頭にドイツで流行した『ユーゲントシュティル』の作風が強く、ドイツ租借地時代の古写真を見ると、既にこの建物があることから、1910年以前に建てられていたようです。
イカの頭のように尖ったデザインもユニークですが、場所によって角度が付いた屋根もなかなかお洒落です。
この邸宅はお勧めです!。

c0127640_20413597.jpg

                               ドイツのモダン建築が20世紀初頭の青島に直輸入された訳です・・・・。

c0127640_2043831.jpg

                               後方に見える高層ビルには、百盛(パークソン)デパートが入っている。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-08-22 20:52 | 中華人民共和国・青島

チンタオ・ドイツ風の洋館(中国青島の旅・16)

◆青島市政公用局  〔Villa Des Herrn Diederichsen〕
   ◎設計:ドイツ人建築家?
   ◎竣工:1907年
c0127640_221001.jpg
そして〔青島の旅・15〕で紹介した洋館の隣にあったのが、この建物。
この建物を最初に見たとき、函館の旧ロシア領事館と、神戸の風見鶏の家(塔以外の場所)に似ていると思いました。あっ、ちょっと違いますか?。
たびたび、この事は書いていますが、ドイツの建築スタイルがモダンへと爆発する寸前の作風だと思います。
そしてその隣には更にモダンな素敵な邸宅がありました。それはまた次回にでも・・・・。

c0127640_22161275.jpg

                                  葉っぱが落ちた頃を見計らって、もう一度撮影したい。


     
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-08-21 22:23 | 中華人民共和国・青島

チンタオ・中山路のモダン建築(中国青島の旅・14)

    ◆青島のセセッション風ビルディング
       ◎設計:ドイツ人建築家?
       ◎竣工:1910年ころ?

c0127640_22175459.jpg
青島・旧市街地のメインストリート中山路をなんとなく歩いていたら、塔の付いた建物が遠くに見えてきました。
近づいてよく見てみれば、20世紀初頭ウイーンなどで流行ったセセッション(ユーゲントシュティル)風の建物ではありませんか・・・・。
天気が少し愚図ついてきたので、引き返そうかなとも考えていたのですが、帰らなくて正解でした。
その後、買った中国版の建築の書籍によると、ドイツ租借地時代は電気会社の事務所として使われていたそう。
昔のドイツ人建築家は電気をイメージして、このような直線的なデザインにしたのでしょうか・・・・・?。

c0127640_22195767.jpg
c0127640_22203967.jpg

                               この建物にも青島建築のお約束、小石積みが使われています。
c0127640_22302641.jpg

[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-08-20 22:33 | 中華人民共和国・青島

ドイツ時代の裁判所(中国青島の旅・10)

    ◆旧ドイツ総督府・最高裁判所〔Kaisersliches Gericht〕
      ◎設計:ハンス・フィットカウ〔Hans Fittkau〕
      ◎竣工:1914年

c0127640_16104040.jpg
昨年4月に青島へ訪れたときの帰国前日、夕飯も地元の食堂で片言の中国語と筆談でどうにか済ますことができ、スーパーで青島ビールや土産を買って、タクシーでホテルへと帰還。
そしてホテルの部屋でビールをチビチビ飲みながら、昼間買った絵葉書をペラペラと見てみる。
『あっ、ここ行った』、『昔はこんな町並みだったのか~』などと、中国の歌番組をBGМに今回の旅を振り返っていた。
しかし、一枚だけ見覚えのない建物が・・・・。その写真は日に照らされ黄色く輝き、私の大好きな20世紀初頭のドイツモダン建築のスタイルだった。
明日は旅行会社の出迎えが朝10時に来るので、朝早起きしてこの建物を探しに行こうとも思ったが、場所の見当がつかない・・・・。
帰りに現地ガイドの方に聞いてみると、前回紹介させていただいた総督府の隣にあるとの事。近くまで行って気づかなかったのだ。
そういう事で、11月の下旬に青島へ再び訪れ、撮影したのがご覧いただいている写真。
ドイツ占領期時代の青島建築の伝統芸である粗石(ルスティカ)積みを採用し、見る角度によって様々な表情を見せてくれる。
また、竣工したのが1914年。つまり、第一次世界大戦に日本が参戦し、青島が陥落する直前に竣工したドイツ時代の最後の建物なのだ。

c0127640_16344410.jpg

c0127640_16352046.jpg

                               見る場所によって、まったく違う建物だと思ってしまう・・・・

c0127640_16422264.jpg

                               坂の町・青島でも二人乗りで頑張ります。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-08-18 16:52 | 中華人民共和国・青島

旧青島倶楽部(中国・青島の旅・9)

    ◆旧青島倶楽部〔Tsingtau‐Klub〕
      ◎設計:クルト・ロートケーゲル〔Curt Rothkegel〕
     ◎竣工:1911年

c0127640_1745271.jpg
青島旧市街のメインストリート・中山路を海側へ向かって歩くと、このようなムックリした不思議な建物があります。
これはドイツ時代は、ドイツ人商人や兵士なんかの倶楽部だったそう。
この軒の波打ったデザインは、ドイツ版アールヌーヴォーというべき『ユーゲントシュティル』の特徴で、日本だと函館の旧亀井邸、函館海産商同業組合事務所(両者とも設計:関根要太郎、山中節治)がその影響下にあります。また、この建物の設計者・ロートケーゲルは〔青島の旅・1〕で紹介した福音教会、〔青島の旅・7〕で紹介した紅房子餐庁も手掛けているそうです(と、書きながら今気づいた・・・・)。
色々と撮影を試みたが、建物前に木が生い茂り、かろうじて上手く撮れたのがこの一枚です。

c0127640_183134.jpg

                             中山路の風景
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-08-18 16:05 | 中華人民共和国・青島

青島・紅房子餐庁(中国青島の旅・7)

◆旧医薬商店〔Apotheke〕
 ◎設計:クルト・ロートケーゲル〔Curt Rothkegel〕
 ◎竣工:1905年
c0127640_13152789.jpg
青島の海岸線より陸側に向かい一本目にあるのが、この広西路。
何だか一軒、パンダやドラえもんを連想させる不思議な佇まいの建物に出会いました。
よく見れば手摺にはアールヌーヴォー調の装飾が施され、なかなか面白い建物です。帰り際に買ったドイツ時代の絵葉書にも、この建物が写っていました・・・・。

c0127640_13225992.jpg

c0127640_13234955.jpg
広西路も素敵な建物がたくさん残っています。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-08-11 06:12 | 中華人民共和国・青島

チンタオの桟橋と旧商館(中国青島の旅・5)

◆旧商館(現在は民家のもよう)
   ◎設計:不明
   ◎竣工:1900年ころ
c0127640_11385730.jpg
 青島の観光名所である 桟橋より海岸線には、何軒かの古い建物が残っています。
 正直なところ、それほど派手な建物はありませんが、海岸線が切れるあたりに黄色い20世紀初頭のドイツ建築らしい建物があります。かって商館とかに使われていたのでしょうか・・・・?。
 モダンな建物になりそうな爆発寸前みたいなスタイルですが、かつて横浜・関内の関東大震災前の写真で、デ・ラランデという建築家(神戸にある風見鶏の家の設計で有名)が手掛けたイリス商会を思い出してしまいました。左右非対称でモダンだなと最初は感心しましたが、マイ土産として買ったドイツ時代の絵葉書を見たら、左半分の建物がなかった訳です。増築で無理やり姿を整えた感じですが、今の姿の方がマッチしていると思います。

c0127640_11394664.jpg
貫禄十分・・・・?。

c0127640_11355713.jpg
青島の名所・桟橋です。

c0127640_11405642.jpg
青島のバンドの風景。
天主教会や旧総督府、裁判所なども見えます。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-08-08 06:10 | 中華人民共和国・青島