チンタオ・教会の坂下にあるドイツ時代のホテル(中国青島の旅・81)

◆ドイツ租借地時代のホテル
  ◎設計:ドイツ人建築家?
  ◎竣工:1904年
c0127640_21575354.jpg
 今回紹介するの青島の旧市街地のランドマーク的存在である天主教会の坂下に建つ、ドイツ租借地からある、築100年の建物です。
 このブログでもたびたび紹介してきましたが、現在チンタオは今年夏におこなわれる北京オリンピック(チンタオはヨット競技の会場になっている)に向けて市内は再開発の真っ最中。私が訪れた時も下の写真でご覧のように、かなりの場所で新築工事がおこなわれていました。

 それらの建物はドイツ租借地時代を意識したのでしょうか、表面的にはレトロ風の外観に仕上がったものが多いなか、このドイツ時代からある築100年のかってのホテルは、それらのレトロ風の建物とは違う風格を漂わせていました。
 このような建物がそのまま残されてこそ、街の歴史や風格は受け継がれていくのかとな・・・・?と、この写真を見ながらふと考えてしまったものです。

c0127640_21455741.jpg
c0127640_214732.jpg

[PR]

by yotaro-hako-emura | 2008-07-06 22:05 | 中華人民共和国・青島

チンタオの中国系銀行店舗(中国青島の旅・64)

 ◆旧交通銀行青島支店
  ◎設計:中国人建築家?
  ◎竣工:1929年~1931年
c0127640_1822117.jpg
 先日はチンタオの三井・三菱・横浜正金などの日系商事や銀行、香港上海銀行などのイギリス系銀行として使われていた現存するオフィスビルを紹介しました。正直、第一世界大戦後から終戦に至るまでに日本企業が建てたオフィスビルは、威圧的な雰囲気すら漂う印象を抱きました。
 ではその時代、チンタオは日系企業の独壇場だったのかというと、そうでもなかったようです。帰国後調べてみると1920~30年代にここチンタオでは外国系の企業のオフィスだけではなく、中国資本のオフィスも数多く建てられていたそうです。現地で買った〔青島 城市老建築〕という古建築の解説書を見てみると(中国語のテキストを買ってそのまま3年近く放置しているで、分かる漢字で想像していますが・・・・)、何枚かその年代に中国系の企業として建てられたオフィスビルを撮影していました。
 その中の一枚が今回紹介させていただく、チンタオ旧市街地のメインストリート中山路にある旧交通銀行の青島支店です。建物の特徴としては石造り風の重厚な外観に、西欧の古典建築によく見られるコリント式のオーダー。また1920年~30年代は日本国内でも、このようなスタイルの銀行やオフィスビルが数多く建てられていたので、撮影した時には日系企業が建てたものだと思い込んでいました。
 果たしてこのオフィスを設計した建築家は、ただ単に銀行という事でこのような古典的なスタイルにしたのでしょうか?、それとも日系企業に対抗する意図でもあったのか個人的には気になるところです・・・・・。
 あと左手に写っているクリーム色のビルですが、同じ時期に山東大戯院という劇場として建てられたもので、現役の映画館として今も使われています。
c0127640_18224970.jpg

                               旧交通銀行のコリント式オーダー。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2008-01-01 19:05 | 中華人民共和国・青島

チンタオ・ドイツ租借地時代の海兵クラブ(中国青島の旅・39)

 ◆旧水師飯店
   ◎設計:ドイツ人建築家
   ◎竣工:1902年
c0127640_1935462.jpg
この建物は青島旧市街地のメインストリート〔中山路〕から〔湖北路〕に入ってすぐの場所にあります。
ドイツが青島を租借して間もなくの頃に建てられたもので、若い水兵などの保養の場として使われていたそうです。
建物外観にはドイツ風のハーフティンバーが施され、いかにもドイツ風な感じです。あと、青島の建物でベランダが現存している珍しい建物でした。時代の経過とともにガラスや壁がつけられ、部屋として使われていたと思わしき建物は何軒か見かけましたが、この建物はなかなか貴重だと思います。
また後に見えるのは、パークソン(百盛)デパートの入っている高層ビル。20世紀初頭と現代の競演?の写真であります。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-09-30 19:47 | 中華人民共和国・青島

チンタオ中山路の『中山快餐庁』(中国青島の旅・36)

 ◆中山快餐庁〔ドイツ租借地時代はホテル〕
   ◎設計:ドイツ人建築家
   ◎竣工:1908年ころ
c0127640_22301881.jpg
青島旧市街地のメインストリート・中山路にある、いかにも古典的なドイツ租借地時代の建物で、現在はレストランと旅館として使われています。
また某ガイドブックに『ここの牛骨麺は地元でも評判』と書かれており、私もドイツ時代の建物内で食事もいいかなと思い店に入ってみましたが、旅館のほうに案内されてしまい結局この店を引き上げてしまいました。
その後、この近くの食堂で牛骨麺を食べました。店員さんも筆談で親切に説明を書いてくれて、色々とおいしいものを食べることができました。
あと余談ですが、中国の普通の店で買い物や食事をする時は、10元札や20元札くらいの紙幣で支払いした方がスムーズに買い物ができます。財布はかさばりますが、毛沢東の赤いお札を早めにくずした方が、中国の街歩きは楽だと思います。


c0127640_22342167.jpg
c0127640_22344862.jpg

[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-09-20 22:55 | 中華人民共和国・青島

チンタオ・中山路のモダン建築(中国青島の旅・14)

    ◆青島のセセッション風ビルディング
       ◎設計:ドイツ人建築家?
       ◎竣工:1910年ころ?

c0127640_22175459.jpg
青島・旧市街地のメインストリート中山路をなんとなく歩いていたら、塔の付いた建物が遠くに見えてきました。
近づいてよく見てみれば、20世紀初頭ウイーンなどで流行ったセセッション(ユーゲントシュティル)風の建物ではありませんか・・・・。
天気が少し愚図ついてきたので、引き返そうかなとも考えていたのですが、帰らなくて正解でした。
その後、買った中国版の建築の書籍によると、ドイツ租借地時代は電気会社の事務所として使われていたそう。
昔のドイツ人建築家は電気をイメージして、このような直線的なデザインにしたのでしょうか・・・・・?。

c0127640_22195767.jpg
c0127640_22203967.jpg

                               この建物にも青島建築のお約束、小石積みが使われています。
c0127640_22302641.jpg

[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-08-20 22:33 | 中華人民共和国・青島

青島・中山路の建物(中国青島の旅・13)

     ◆チンタオ・中山路の洋館群
        ◎竣工:1900年~30年代
c0127640_2143052.jpg
青島の旧市街地のメインストリートの中山路ですが、数々の年代ものの建物が現存しております。
そしてこれが青島の日常の風景になっています。銀行、レストラン、ブティック、雑貨店・・・・。私も中山路のお店で食事したり、買い物もしちゃいました。
郊外には外国資本の大型スーパーとかありますけど、個人的には中山路のこの雰囲気大好きです。

c0127640_21433760.jpg
この建物の真ん中に建っている看板のマーク、お気づきですか?。
これは2008年の北京オリンピックで、ここ青島にてヨット競技が催されるそうで、そのシンボルマークだそうです。
町の中もそうですが、飛行機のチケット、絵葉書、領収書などいろんな所に、このマークが付いていました・・・・。
 
c0127640_21441281.jpg
そして中山路を歩いていると不思議な建物を発見。
これは通称『中華バロック』などと呼ばれているもので、20世紀初頭に中国人が西洋建築を見よう見真似で作った建築スタイルです。
やたらと装飾が多いのが特徴ですが、日本で例えると文明開化直後の洋館みたいなものです。
瀋陽やハルビンにこの手の建物が多く現存していますが、青島で出会えるとは・・・・・。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-08-20 22:07 | 中華人民共和国・青島

チンタオ・中山路のアールデコ風ビルディング(中国青島の旅・6)

◆青島・中山路のアールデコ式ビルディング
 ◎設計:中国人建築家
 ◎竣工:1934年ころ
c0127640_12545151.jpg
 先程の桟橋あたりから延びるのが、青島の旧市街地のメインストリート『中山路』。 
 途中には百盛(パークソン)のデパートがあったり、何だか日本の地方都市の繁華街を歩いたような気分になります。
 また、この中山路には数多くのレトロな建物が現存しています。その中でいちばん目を引いたのが、このビルディング。マクドナルドの看板にではなく、細かいデザインがアールデコ調なのです・・・・。聞けば中国人建築家が設計したとの事です。

c0127640_12553452.jpg
中国は横断歩道がなくても渡りほうだい!。
ちなみに以前瀋陽に行ったとき、歩行者信号が青にも関わらず、自動車が突進してきて曳かれる寸前でした。
[PR]

by yotaro-hako-emura | 2007-08-10 06:11 | 中華人民共和国・青島